RMS再構築とR-Storefront UIリニューアル(2021年3月)に伴うビーノへの影響

主に商品登録機能にて影響がございます。

楽天市場にて、2021年3月より順次行われるRMS再構築とR-Storefront UIリニューアルによるビーノ側への影響について記載致します。

なお、RMSのリニューアル詳細につきましては、以下の楽天RMS店舗運営Naviも併せてご確認くださいませ。

▼RMS再構築とR-Storefront UIリニューアルについて
https://navi-manual.faq.rakuten.net/item/000043664

 

変更点1:機種依存文字の制限追加

RMSのリニューアル(仕様変更)に伴い、機種依存文字の取り扱いが変更となります。

なお、商品の新規登録時のみでなく、すでにご登録済みの商品に機種依存文字が含まれております場合も影響がございますため、ご注意ください。

機種依存文字の使用について

前提といたしまして、機種依存文字につきましては、以下理由よりご利用をお控えくださいませ。
(※楽天RMSより引用)

  • 楽天RMSにて表示保証がされていないため。
  • お客様の閲覧環境により、予期せぬ表示をする可能性があるため。

使用不可の機種依存文字をご使用の場合

エラーとなり登録不可

RMSでの商品登録時に使用できない機種依存文字が含まれております場合、エラーとなり登録ができなくなります。

そのため、ビーノでの商品登録時も同様に、RMSにて使用できない機種依存文字が含まれる場合、エラーとなり登録ができませんのでご注意くださいませ。

▼使用できない機種依存文字について(楽天RMS店舗運営Navi)
https://navi-manual.faq.rakuten.net/service/000010354

その他の機種依存文字をご使用の場合

文字化けする可能性あり

これまで「ハートマーク」など、一部の機種依存文字は登録ができておりましたが、今回のRMSリニューアルに伴い、表示できなくなる、もしくは「?」マークなどで表示される場合があります。

変更点2:CSV一括ファイルの処理中も商品登録が可能に

こちらは楽天RMSにてCSV一括登録機能をご利用中の店舗様のみ対象となります。

RMSリニューアル前

これまでCSV一括登録機能をご利用の場合、CSVファイルのアップロードが完了するまで、ビーノから商品の登録・更新ができませんでした。

RMSリニューアル後

CSVファイルのアップロードが行われている最中でも、ビーノでの商品登録・更新ができるようになります。

意図しない上書き更新が発生する可能性あり

上記仕様変更に伴い、意図しない上書き更新が発生する可能性がありますことご注意くださいませ。

例えば、以下のようなご編集をされた場合、最後に保存したものが優先され商品ページへ表示されます。

  • RMSでのCSV一括登録中に、ビーノにて同商品の情報をご編集された場合
  • ビーノでの商品登録中に、RMSにてCSV一括登録を行われた場合

意図しない上書き更新の発生例

  • ビーノで更新した商品情報がCSVの情報で上書きされる
  • CSVの情報が正しく反映されない

ご対応方法

同時編集はお控えください

恐れ入りますが、商品情報を正しく更新・登録するため、CSVファイルのアップロードとビーノでの同時編集はお控えください。

知りたかった点は解決しましたか?

関連しそうなFAQなど

動画で学ぶビーノ 次の開発予定 導入事例