商品登録機能の使い方

Biiino(ビーノ)使い方解説第3弾は、商品登録機能の使い方を学んでいただきます!

商品ページをしっかり作り込むことで、より商品の魅力をお客様に伝え、転換率アップが期待できると思いますので、どなたでもステキな商品ページが作れるように詳しく解説していきたいと思います。

まだ過去の解説をご覧になっていない方はコチラから!

第1弾|PCトップページの作り方
第2弾|特集ページの作り方

目次

  1. 新しく商品を登録する
  2. 一時保存中の商品
  3. ご登録済みの商品

1.新しく商品を登録する

まずは新しく商品を登録する際の操作方法について解説していきます。

ビーノのトップ画面から【商品を登録する】をクリックしましょう。

ページを開いてすぐにある緑色の【新しく商品を登録する】から商品ページを新規で作ることができます。

基本情報

まず最初に商品の基本情報を入力していきましょう。
詳しい説明は右の【?】をクリックすると確認することができます。

商品画像

商品画像はカメラのマークをクリックして画像の追加をします。
画像は最大20枚まで追加することができます。

※PC内の画像は楽天Cabinetの biiino/item/main-image にアップロードして使用できるようにしております。ご了承ください。

また、追加した画像の並べ替えを行いたい場合はドラッグドロップするだけで並べ替えることができますよ。

「画像がうまく追加されない!」

そんなときは、商品画像のルールを確認してみましょう。

横1600×縦1200ピクセル以下のサイズ
ファイルの種類は、jpg、gif、png
ファイルサイズは、2MB以内

商品管理番号

商品管理番号とは、商品の管理用に設定する番号で、商品ページのURL末尾にも使用されます。
例:http://item.rakuten.co.jp/店舗URL/商品管理番号(商品URL)/

半角英数字および半角ハイフン(-)、アンダーバー(_)を用いて番号の設定を行いましょう。
なお、記号を2回続けて入力することはできませんのでご注意ください(「- -」のように)。

商品番号の追加について

商品管理番号のすぐ下に青色で【+商品番号を追加】という項目があります。
こちらは任意なので設定しなくても商品登録はできますが、商品番号に情報を込めることで商品の確認が素早く行えますので、ぜひ登録しておきましょう!

とはいえ、どんな番号がいいのか分からないから00000001、00000002、00000003…と番号をふるのはできるだけ避けましょう。

仕入先情報、在庫がどこにおいてあるか特定するための情報、検品者や発注者に必要な情報などを指定するととても便利です。
例)仕入先a社、在庫場所b、仕入先の商品番号1111だったときの商品番号「a-b-1111」

商品名

任意の商品名を入力しましょう。
商品名はお客様が検索するワードを考えながら設定すると、集客率アップも期待できますよ。

最大255文字まで入力できますが、キャッチコピーではないので、お客様に伝わりやすいように設定してみてください!

販売価格

商品価格を任意の価格で設定しましょう。

ここでは、消費税別または消費税込み価格いずれかの表示方法を選択いただけます。

下の青色【+表示価格を追加】をクリックすると、二重価格設定をすることができます。

二重価格表示とは…?

表示価格とは別に値下げされたセール価格などが存在する場合に、その2つを同時に並べて表記することを指します。

上の価格が実際に販売する価格で、下の二重価格の方は表示するだけの価格になりますのでお間違いのないよう確認をしてください!

このように設定すると…
実際の画面はこうなります!

その他の基本情報

  • 配送料
  • 在庫タイプ
  • 在庫数

に関しましては、店舗様の任意のものを入力または選択してください。

ジャンル情報

基本情報が入力できたら次にジャンル分けを行いましょう。

ジャンル情報とは店舗内カテゴリ、楽天ディレクトリID、カタログIDのことです。

店舗内カテゴリ

店舗内カテゴリを追加すると、登録する商品がどのカテゴリに分類されるのかを選択することができ、お客様が商品を探しやすくなります。

店舗内カテゴリの項目を編集したい際には楽天RMSのカテゴリページ設定から行ってください。

楽天ディレクトリIDとタグID

楽天ディレクトリIDについて

簡単に言うと、楽天市場上でのジャンルのことを指します。
ジャンルを正しく指定することで、お客様が検索やジャンルによって商品を探した際に見つけてもらうことができます。

楽天市場のジャンルはこちらに置かれています。

タグIDについて

一方でタグIDとは、カラーやサイズといったジャンルよりも細かい属性のことを指します。

タグを多く設定することで検索にヒットしやすくなるので、商品名にワードが入っているからタグは選択しないというのはもったいないです!

例えば、コットン素材のTシャツを探していたとすると、
「Tシャツ・カットソー」のタグのみ選択し「コットン」というワードで検索すると88412件表示されるのに対し、

「Tシャツ・カットソー」のタグにさらに「コットン」のタグを加えたうえで「コットン」というワードで検索すると55871件まで絞られます。

このように商品名に「コットン」のワードが含まれていても、タグで絞られてしまうと約3万件もの商品が表示されなくなってしまっています。

タグをつけることでお客様が絞り込んだときでも検索から見つけてもらいやすくなりますので、積極的にタグ付けをしていきましょう!

カタログID

カタログIDに製品コード(JAN、EAN、ISBN、UPC、楽天が特別に付与したオリジナルコード)を入力すると商品価格ナビの該当製品ページに表示されます。

商品価格ナビを見たい方はコチラ!

カタログIDをきちんと指定することで、他にも条件はありますが楽天だけでなくグーグルショッピングにも反映できるので、省略しないように注意しましょう!

JANコードで検索する際は右の【JANコードで検索】をクリックすると楽天RMSの画面で検索が行えます。
ジャンルやメーカー名など細かく絞り込めるので、活用しながら検索しましょう。

販促情報

販促情報では、キャッチコピー・スペック表・商品の特徴(PCとスマホ)を設定することができます。

キャッチコピー

キャッチコピーで入力した内容は、商品名の前に表示されるようになっているので、商品の特徴や利点などを入れると良いですよ!

キャッチコピーはここに表示されます!

また、ここに入れた内容も検索から表示されるので、お客様が検索しやすいワードを考えながら入力するのも有りですね◎

スペック表

テンプレートから作成する場合

スペック表を作る】をクリックし、商品にあったジャンルを選択します。

クリックしたジャンルに合わせてサイズや素材、生産国といった様々なスペックを設定することができます。

テンプレートは左側のスペックタイトルやその内容を変更したり、スペック行の追加・削除など自由に設定することができます。

作成したスペック表は商品ページに挿入されます。
お客様に安心して購入していただくためにも、なるべく細かく情報を入力するようにしましょう!

スペック表はこのように表示されます。

システムで自動作成する場合

ビーノにはタグIDの情報から自動作成する機能があります。

タグIDを入力した後、【システム自動作成分】をクリックするとタグIDで入力した内容をもとにスペック表が作成され、プレビューが表示されます。

システム側で自動で作成されるので、とても時短になりますよ!
またこちらもテンプレートと同じく自由に編集できますので、ぜひ活用してください(˚灬˚)ノ

商品の特長(PC)

かんたんモード】,【しっかりモード】,【HTMLで貼り付け】の3種類のうちからお選びいただき、PC用販売説明文を作成できる機能です。

商品詳細の前に挿入されるこの部分です!

「かんたんモード」や「しっかりモード」、「HTMLで貼り付け」の機能説明に関しましては、下記のリンクよりご確認いただけます。

よくある質問|商品ページの上部説明(販促コンテンツ)は作れますか?

また、3つのモードから1つお選びいただき、PC用販売説明文を入力したあとにモードの変換をすると入力内容が削除されてしまうので、ご注意ください。

商品の特長(スマホ)

こちらの機能に関しましては、「かんたんモード」および「しっかりモード」で作成したコンテンツは自動でスマホ用に最適化されますので、PCとスマホの商品説明文を個別に編集したい方のみチェックをいれてご編集いただく形となっております。

※PCとスマホの商品説明文を同一のものに設定したい場合は自動最適化されますので、チェックを入れる必要はございません。

スマホ用商品説明文の編集方法に関しましては下記のリンクからご確認いただけます。

よくある質問|スマートフォン用商品説明文で使用不可のタグがあると言われます

完成したら

商品登録画面の入力がすべて完了したら、画面一番下の【完成イメージ/PC】【完成イメージ/SP】【一時保存する】【倉庫入りで登録】【商品登録・公開】から商品画面の確認や保存、登録が行えます。

  • 完成イメージ/PCとは…
    PC上で表示される商品ページのプレビューです。
    使用するパソコンによって見え方が変化することがありますのでご了承ください。
  • 完成イメージ/SPとは…
    スマートフォン上で表示される商品ページのプレビューです。
    こちらも機種によって見え方が変化することがありますのでご了承ください。
  • 一時保存するとは…
    商品登録画面を一時的に保存していただける機能です。
    入力を途中で中断するときや内容をまだ編集したいときなどにご使用いただけます。
  • 倉庫入りで登録とは…
    こちらで商品登録をすると、作成した商品ページは公開されずに楽天RMSの倉庫へ商品が登録されます。
  • 商品登録・公開とは…
    入力と確認を終え、特に問題がなければこちらから商品を登録・公開しましょう!

2.一時保存中の商品

上記の【一時保存する】より商品登録を終了させた際に表示されます。
一時保存した商品登録画面をすぐにまた編集できる便利な機能です!

編集を行う際は対象の商品をクリックするだけで前回保存されたところから再開できます。

3.ご登録済みの商品

過去に登録された商品の一覧が表示されます。
倉庫入りで登録】より商品登録を行った際は一覧には表示されませんので、下の検索から商品の検索を行ってください。

商品登録内容変更に関しまして

ご登録済みの商品に関しましては、すでに楽天RMSの方で登録・公開されておりますので「商品管理番号」は変更できません。ご了承ください。

こんなエラーが出ていたら要チェック!

終わりに

いかがでしたか?これまでの内容に比べたら結構内容が深かったと思います。

特にややこしいジャンル情報や販促情報につまずく方が多くいらっしゃいますが、ビーノの仕組みを理解した上で設定することでよりステキな商品ページができるかと思いますので、ぜひ他の「よくある質問」も見てみてください!

知りたかった点は解決しましたか?

関連するFAQなど